灘中高:学校評価(平成30年)

中学受験

灘中高が学校教員へのアンケートを元にした評価結果を公表しています。

スポンサーリンク

1 . 自 己 評 価

近 年 の 教 育 改 革 に つ い て

本 校 に お け る 教 育 課 程 の 改 訂 お よ び 入 試 制 度 の 変
更 の 影 響 に つ い て 評 価 、 意 見 を 募 り ま し た 。 教
育 課 程 の 改 訂 に つ い て は 関 心 、 影 響 の 評 価 と も に
大 き な 数 値 が 出 て い ま す が 、 入 試 の 変 化 に つ い て
は 大 き な 影 響 は な い で あ ろ う と い う 結 果 と な っ て
い ま す 。

『 理 数 探 求 』 の 設 置 の 意 義 は 理 解 で き 、 有 効 に 生
か し た い 」 「 研 究 に 『 触 れ さ せ る 』 こ と を 主 軸 に 考
え る べ き 」 「 大 幅 な 改 訂 と な る た め 、 広 く 情 報 を 収
集 し 、 対 応 す る 事 を 考 え て い る 」 な ど 、 教 育 課
程 の 改 訂 に 対 し て は 対 応 を 積 極 的 に 行 う 意 見 が 目 立
ち ま す 。

一 方 で 入 試 制 度 の 変 更 に 関 し て は 、 「 変 更 は 正 直
言 っ て 必 要 あ り ま せ ん 」 「 あ た ふ た す る 必 要 は な い
」 「 本 質 は 変 わ ら な い 筈 な の で 、 表 面 的 な こ と に 流
さ れ な い よ う に 」 な ど 、 落 ち 着 く べ き と い う 意 見
が 多 い よ う で す 。

様 々 な 変 化 に 合 わ せ る こ と を 考 え る だ け で な く 、
生 徒 と 教 育 の 本 質 を 見 据 え て 対 処 す る こ と が 大 切
で し ょ う 。

本 校 と 生 徒 の 近 年 の 特 徴 に つ い て

本 校 と 生 徒 の 近 年 の 特 徴 に つ い て ど の よ う に 考
え る か 、 意 見 を 募 り ま し た 。
校 内 、 あ る い は 校 外 の 活 動 に 積 極 的 に 参 加 し て
い る と い う 項 目 へ の 評 定 は 3.8 、 3.9 と 高 評 価 で す 。
部 活 動 で は 、 活 動 の 盛 ん さ に つ い て 運 動 部 、 文 化
部 で そ れ ぞ れ 3.2 、 3.9 で す 。 文 化 部 が 元 気 に な っ
て い る 様 子 が わ か り ま す 。

ス マ ー ト フ ォ ン な ど と の 付 き 合 い 方 は 、 非 常 に 低 い 評 価 と な っ て お り 、 教 員 の 危 機 感 を 示 し て い ま す 。
「 授 業 に 遅 れ て く る 生 徒 が 多 い 」 に つ い て は 数 値 が 高 く 、 現 状 を 考 え 直 す 必 要 が あ り そ う で す 。 自 由 を
尊 ぶ 校 風 の 中 で も 、 「 遅 刻 」 や 「 SNS の 乱 用 」 を 自 由 に 含 め る と 考 え る こ と は 問 題 で す 。

「 面 倒 見 は よ く な っ て 、 生 徒 の 依 存 心 も 大 き く
な っ て い る 」 「 遅 刻 や 欠 席 が 非 常 に 目 立 っ て き て い
る 」 「 生 徒 本 人 が す べ き 質 問 や 相 談 を 親 が 行 っ て い
る こ と が 多 い 」 「 不 文 律 が 守 ら れ な く な っ て い る 。
始 業 時 間 を 守 る 。 ト イ レ な ど の 途 中 退 室 は 最 低 限
に す る な ど 、 基 本 的 な 振 る 舞 い が 軽 視 さ れ て い る
傾 向 が あ り 、 授 業 の 進 展 に 影 響 が あ る 」 「 灘 校 生 と
し て の プ ラ イ ド や 誇 り が 欠 如 し て い る 」 「 塾 通 い 等
で 余 裕 の な い 生 徒 が 増 え て い る 」 「 授 業 で 十 分 に 合
格 で き る に も か か わ ら ず 、 塾 に 通 う 率 が 年 々上 が
り 、 学 校 軽 視 の 者 が 増 加 す る こ と に よ り 、 悪 影 響
が あ る 。 本 校 に と ど ま ら ず 、 学 校 教 育 そ の も の に
対 し 、 多 大 な 影 響 を 及 ぼ し て い る 」 「 ス マ ホ 中 毒
」 「 ゲ ー ム 依 存 」 な ど 、 様 々 な 意 見 が あ り ま す 。 そ
れ ぞ れ 、 真 剣 に 取 り 組 む べ き 課 題 で す 。

2 . 関 係 者 評 価

上 記 の 自 己 評 価 に 対 し て 関 係 者 評 価 を 行 い ま し た 。 自 己 評 価 の 各 項 目 の 妥 当 性 に つ い て は 、 平 均 3.9 の 高 評 価 を い た だ き ま し た 。

「先 生 方 が 生 徒 の 学 校 生 活 態 度 に 目 配 り さ れ し っ
か り と ご 指 導 い た だ い て い る 」 「 時 間 を 守 る 、 挨 拶
を す る 、 TPO に 合 わ せ た 言 葉 遣 い が で き る … 等 、
社 会 に 出 る 前 に 子 ど も 達 が 身 に 付 け て お く べ き こ
と は 沢 山 あ る 。 そ れ を 教 え る の は 、 第 一 は家庭です が 、 第 二 は 先 生 と い う 身 近 な 社 会 人 と 交 わ る 学 校 で あ る 」 「 ス マ ホ に つ い て は 生 徒 の み で な く 教 師
も 保 護 者 も 専 門 家 の 指 導 を 仰 ぐ 必 要 が あ る 」 「 近 年
の 特 徴 を よ く 把 握 さ れ て い る と 感 じ た 」 な ど 、 多
岐 に わ た る 話 題 に つ い て 意 見 を 頂 き ま し た 。

ま た そ の 後 、 評 価 全 体 に つ い て 意 見 交 換 の 場 が
も た れ ま し た 。 「 個 別 に ケ ア が 必 要 な 生 徒 へ の 対 応
が 気 に な る 」 「 学 校 で も カ ウ ン セ リ ン グ を 実 施 し て
い る が 、 慎 重 に 議 論 せ ね ば 。 個 別 対 応 と い う の は 、
言 う の は 簡 単 だ が ‥ 」 「 教 員 間 で チ ー ム に な っ て 、
情 報 を 共 有 し て い く な ど が 必 要 で は 」 な ど の 議 論
が な さ れ ま し た 。

本 校 教 員 も そ れ ぞ れ が 努 力 し 、 勉 強 し て お り ま
す が 、 少 し 異 な る 視 点 か ら 、 意 見 を 頂 け る こ と を
あ り が た く 思 い ま す 。

コメント