中1~高1:駿台スーパーα・海外難関大併願コース

大学受験

駿台が海外難関大学の併願も対象としたスーパーエリートコースを設置しています。ライバルに差をつけるには良いコースかもしれません。

スポンサーリンク

概要

今から100年以上も前…明治39年(1906年)のこと。

駿台の創立者・山﨑寿春は、大いなる希望と向学心をもって海を渡ります。目指したのは、アメリカ合衆国。Amherst大学、Harvard大学で学問を学び、Yale大学大学院に進み、Master of Artsを取得します。まだまだ、海外留学者が稀有な存在であった時代です。

時代は変わり、日本社会は、グローバルな人材を欲しています。この大きな流れに応えようと、各方面で留学への気運が高まっています。

そして、2014年より、駿台は「スーパーα・海外難関大併願コース」をスタートさせました。私たちは、この新たなコースを通して、創立者が100年前に抱いた同じ思いを持つ人々を力強くサポートいたします。目指せ!!「東大・京大」と「ハーバード大・イェール大・MIT」の同時合格を!!

入学認定の取得

  • スタートアップテスト(入学テスト)受験
  • 体験授業を受講する
  • 春・夏・冬の講習会を受講する
  • 模試認定(中学受験模試・中高一貫 中2・3 駿台全国模試)

入学申請(入学手続きの確認・お知らせ)

校舎窓口・電話・インターネット等で入学希望であることをお申し出ください。①の認定取得後、(または講習終了後)に手続き書類をお渡しいたします。

※詳細につきましては、入学要項をご確認ください。

入学時納入金お振込み

入学金/21,600円(税込)+ 国内対策授業料2回分

※入学金につきましては、免除・割引規定がございます。

カリキュラム(中1)

スーパーα英語

年間33週

中1 50分×2コマ/週

1年間で、過去・未来の表現から比較まで学習していきます。早い段階で文法学習を先取りすることによって、幅広い英語力を身につけることを主眼とします。また、授業の中でなぜそのような表現になるのかを考えることで、基礎となる文法論理をマスターし、それを応用する力がついてきます。

スーパーα数学

年間33週

中150分×2コマ/週

「なぜこのことが成り立つのか」「どのようにしたらこの問題を解くことができるのか」を考え、答えを出すだけの学習から、途中の過程を記述し、問題を解決する学習へと切り替えていきます。具体的・経験的な算数的アプローチを超えて、より一般化・論理性を重んじる学問としての数学の勉強がスタートします。このコースで今後の数学の土台をつくる力が養われるはずです。

カリキュラム(中2)

スーパーα英語

年間33週

中250分×2コマ/週

過去分詞を使う受動態や現在完了、2学期以降に学習する現在完了進行形、過去完了形、関係副詞など、長文読解のために必要な文法力を定着させます。中2で学習する内容はどれも大学入試突破の基礎となるものばかりです。この1年が将来の英語力を大きく左右します。

スーパーα数学

年間33週

中250分×2コマ/週

代数分野では式の展開・因数分解・平方根・確率や2次方程式,関数y=ax2など、高校数学へ直結する単元が中心になります。幾何分野では三平方の定理・円を学習することで線分の長さや角度の大きさなどを求める手法を拡げ、図形の形状をより具体的にイメージする力を養います。この学年が終了すると、中学の学習内容が終わり、高校数学を学ぶスタートラインに立つことができます。

すごいコースですね!

スーパーα・海外難関大併願コース 募集終了のお知らせ

コメント