18歳人口・進学率推移から近未来の受験状況を読み取る

マナボウニュース

リクルート進学総研が、文科省の情報を元に18歳人口・進学率推移に関するデータを発表しています。データの推移の規模がすごいです。生徒数減少→収入減で学校経営も相当厳しいものとなる可能性が高いです。

スポンサーリンク

【将来予測 2018~2030年】

18歳人口予測(南関東)
・2018年305,851人→2030年288,607人(17,244人減少)
・減少率高:埼玉県(2018年比較8.8%)
・減少数多:埼玉県(65,547人→59,799人、5,748人減少)

(中国地方)

・2018年70,160人→2030年63,176人(6,984人減少)。
・減少率高:山口県(2018年比較15.8%)。
・減少数多:岡山県(18,619人→16,462人、2,157人減少)。

(九州沖縄)

・2018年141,803人→2030年134,199人(7,604人減少)。
・減少率高:長崎県(2018年比較16.2%)、佐賀県(2018年比較13.8%)
・減少数多:長崎県(14,010人→11,740人、2,270人減少)

少子化が進んでいます。九州沖縄・中国地方の減少率は南関東よりもかなり高いですね。岡山県・長崎県の減少数の減り方、まずいですよね・・・ドスン!と人数が減ってしまう規模です。

【進学者数・進学率推移 2008~2017年】

進学者数
・大学は、2008年137,955人→2017年160,276人(22,321人増加)と、16.2%増加。
・短期大学は、2008年13,768人→2017年9,394人(4,374人減少)と、31.8%減少。
・専門学校は、2008年35,440人→2017年40,936人(5,496人増加)と、15.5%増加。

進学率
・大学は、2008年53.7%→2017年57.8%(4.1ポイント上昇)。
・短期大学は、2008年5.4%→2017年3.4%(2.0ポイント低下)。
・専門学校は、2008年13.8%→2017年14.8%(1.0ポイント上昇)。

コメント