JR東:子ども見守りサービス「まもレール」

マナボウニュース

まもレールは、子どもがSuicaまたはPASMOでJR東日本の駅自動改札機を通過すると、パパ・ママへ「通過時刻・利用駅・チャージ残額」をお知らせする見守りサービスです。

2020年には都営交通(地下鉄・モノレール等)、東京メトロも対象に!

私立・塾等に通っているお子様をお持ちの保護者には便利なサービスですね!

スポンサーリンク

通知方法

まもレールはメールによる通知と、JR東日本アプリ(無料アプリ)による通知のどちらかを選ぶことができます

料金

月額500円

※保護者のメールアドレスを1つ追加する場合、月額100円追加

※子どもを1人追加する場合:月額500円追加

通学・通塾時の子ども防犯対策・見守りサービスは【まもレール】
子ども見守りサービス【まもレール】です。お子様がSuicaやPASMOで改札を通過した時点でメールやアプリで通知するので、帰宅時間やお迎え時間の予測を立てることができます。小学生~高校生までご利用でき、通学・通塾時の防犯対策としても利用されています。

コメント