娘に教えられた偏差値を跳ね返す執念(慶應義塾女子合格)

中高一貫校・高校受験

慶應義塾女子高校進学保護者のお子様の合格体験記が秀逸です。

偏差値が足らなくても最後まで諦めず努力した娘を誇りに思うとともに、試験の前日まで適切な指導をしていただいたSAPIXの先生方に感謝申し上げる次第です。

すばらしいですね!

偏差値が50近辺まで下がると、さすがに慶應女子高は現実的でないと、他の学校を薦めましたが、本人がどうしても慶應に行きたいと譲りません。ならば、試験の前日まで頑張れと、定期券を買って、SAPIXの授業のある日もない日も校舎で勉強を続けました。

地道にがんばりました。

頻出分野をやりこむ

SAPIXの先生から指示のあったプリントをひたすらこなし、2月には、毎年必ず慶應女子高で出題される分野をやりこんだ結果、試験直前には前年の過去問の英語で90%近くとれるようになり、もしかしたらと思うようになりました。

過去問でそれだけ取れればOKですね!

保護者体験記 2019の資料請求はこちら

公開模試に関するお問い合わせ(個人のお客さま) | SAPIX中学部
学習塾SAPIX中学部は高校受験において多くの合格者を輩出しています。また帰国生受験にも対応し、お子様をフルサポートしていきます。高い合格実績を誇るサピックスの教育方針・システムをご紹介しています。

慶應義塾女子高等学校とは

東京都港区三田に所在。慶應義塾中等部女子から進学する例年100名弱と、外部の中学校から入試を経て進学する約100名から構成される。高等学校第1学年から内部進学と外部入学生徒を混合してクラスを編成。

コメント