中学受験 1月の学校は?休む?通う?

中学受験

受験生を持つ保護者にとって悩ましいのが、1月の学校をどうするかでしょう。子供は学校に行きたがっているが、インフルエンザも流行する時期、保護者は休んで家で勉強してもらいたい…。また、その逆に保護者は学校に行って欲しいが、子供は受験について聞かれるのが嫌で、入試結果が出るまで休みたい…。どちらもよく聞く話です。さらに、インフルエンザなどのリスクを減らすため兄弟関係も学校を休ませるというご家庭の話も聞いたことがあります。

  近年の傾向として、1月上旬に埼玉県、下旬から千葉県で実施される入試を受験する家庭が多いのではないでしょうか?そうなると、3学期は始業式のみに出席してすぐに入試という方もいらっしゃるとおもいます。塾に相談をしても、一律に「休んだ方ががいい」とも「ぎりぎりまで学校に行く」とも答えにくく、「ご家庭の判断にお任せします」という返答がかえってくるようです。

 結局、各家庭での判断になるとは思いますが「本人がどうしたいか」が最優先されるべきではないでしょうか。ぎりぎりまで普段通りの生活をするのもよし、学校を休んで受験に集中するもよし、結局は本人にとって残されたわずかな時間の中で悔いのない中学受験生活を送ることが一番大切です。よく「1月学校を全休した子ほど合格できない」というような話も聞きますが、全休して最難関の第一志望に合格した子もいます。逆の話も聞きます。周りの噂に惑わされることなく、各家庭の教育方針を貫いてほしいと思います。

 もし、親子で話し合い1月は学校を欠席すると決めた場合、保護者の方がフォローが不可欠となります。学校との連絡や欠席した授業の教材をどのよう受け取るか、担任の先生とのやり取りが必要となります。少なくなりつつありますが、受験には調査書が必要な学校もありますので、早めに担任の先生に相談しておくとよいでしょう。

 実力をフルに発揮し、最高の結果を勝ち取るためにも、お子さんが心身共にベストな状態で入試当日を迎えられるよう保護者は心がけたいですね。

 

 少なくなりつつありますが、受験には調査書が必要な学校もありますので、早めに担任の先生にお願いしておくとよいでしょう。

中学受験
スポンサーリンク
シェアする
マナボウ事務局をフォローする
マナボウ

コメント