SAPIXを展開する日本入試センターと英会話イーオン 業務提携契約を締結

サピックス

サピックスがいよいよ受験英語に進出。イーオンと連携するようです。将来的には出資提携に進む可能性もありますね。

提携概要

①受験領域における英語指導プログラムの開発

②英語資格試験対策ノウハウの共有

③イーオンからの英会話教師(ネイティブ/日本人)の派遣

④共同イベントの開催

⑤ICTを活用した教育の研究

⑥教材・テスト等の開発ノウハウの共有

⑦上記項目を推進するための人材交流

本業務提携締結をもちまして、両社の提携推進のため、業務提携委員会を発足いたします。今後、上記の項目 について、当委員会の中で具体化でき次第、順次内容を発表して参ります。

イーオンはKDDIグループになっていたのですね。知らなかったです・・・

日本入試センターの中核事業である SAPIX 小学部は、1989 年の創立以来、論理的な思考力と表現力、知 識にとらわれない豊かな感性、そして主体的に学ぶ姿勢の育成を教育理念として掲げ、中学受験指導に携わって参 りました。現在、首都圏・関西圏に47校舎を展開し、討論式授業・復習中心の学習法・オリジナル教材・少人数制 のコース編成(学力別・志望校別)など、独自のシステムとカリキュラムによって、子どもたちの「自分の頭で考え、 自分のことばで表現する」力を養成しています。また、SAPIX 中学部や大学受験部門 Y-SAPIX は英語専任の 講師が質の高い授業を提供するとともに、帰国生対象の SAPIX 国際教育センターや海外進学をサポートする Y-SAPIX Global Campus など、グローバルな教育プログラムも提供しております。

イーオンは、1973年に創業以来、日本人に最適な語学教育を通し、世界で通用する人材育成に高い評価をい ただいています。日本人の英語上達のためにオリジナル教材を開発し、人格、指導力ともに優れた日本人教師と外 国人教師を採用することで、それぞれの強みを活かした効果的なレッスンで、苦手を克服しながらコミュニケーション 力を高め、ビジネス英語や資格取得に大きな成果を挙げています。2018 年からは KDDI グループの一員となり、 イーオンが培ってきた「日本人のための英語教育」のノウハウと、KDDI グループの持つ情報通信技術が融合する、 最新かつ高品質なサービスに取り組んでいます。

教育業界におきましては、小学校における英語教科化や高校・大学の入学者選抜における英語4技能評価の推 進などにより、入試の多様化が進み、英語選択入試の導入校が増加しています。このような変化に対応し、生徒・ 保護者様へのサービスをさらに向上させるべく、SAPIX ブランドを擁し受験指導に強みを持つ日本入試センターと、 英会話のリーディングカンパニーであり、講師育成やオリジナルの教材カリキュラムに強みを持つイーオンが互いのノ ウハウを共有することで、新たな英語教育の可能性を創出し、子ども達が英語の習得・学習を通じて世界を広げ、 グローバルな人材として成長できる環境を提供することを目的として本業務提携の締結に至りました。

コメント